自分の周りに集まる人

どうも、おりちむです。

毎日の雨、本当に嫌になります。なんとか頑張ります。

今日は、けっこう前から思っていることを書きます。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉があります。

意味:「気の合った者や似通った者は自然に寄り集まる。類を以 (もっ) て集まる。」出典:デジタル大辞泉

 

まぁ、その通りだな、と思います。

私も過去の人生を振り返ってみると、やはりあてはまります。

 

 

友達関係は本当に恵まれていて、奇跡だな…と思います。本当に!!

しかし、歴代の元カレを思い出してみると、顕著に表れています。

 

しかし、高校生の時お付き合いさせていただいた人たちは、私に釣り合わないくらい本当に良い人達でした。この2人は、文句のつけようがないし、本当に素敵な人達だったので、奇跡と呼びましょう。笑

 

大学生の時は、一人暮らしでしたが、親がうざくてうざくて、でも逆に依存している時期です。

環境に慣れたくて、1人にして!!という感じでした。

その人に怒れる、イライラする=その人に依存しているということですから。

その当時の彼も、私に対してそんな感じでした。

 

社会人になってからは大学生の時の彼と別れる別れない忘れられないとかで、また同じような感じの男性とお付き合いをしました。

2人ともとっても病んでいました笑 メンヘラに近かったです。

お互いに元彼元カノが忘れられない(だいぶ影響されていた)という感じでした。

お互いがお互い、相手を見てなかったんですね。過去にとらわれすぎて。

…というか、2人とも自分が大好きなのでしょう笑

本当に、類は友を呼びますよね。

 

その後にお付き合いさせていただいたのが、志の高い方でした。

とても素敵な方でしたが、「類は友を呼ぶ」はここでは発揮しなかったようで、短い期間で綺麗に別れました。

でも、その方からは言葉で教えられたわけではないですが、正しい生き方を教えられたような気がします。

1人の時間が大事。家族を大切にすることが大事。恋愛よりもっとする事がある、夢中にならないといけないことがある。自分を大切にする。

これに気付かなければ、今の私はいないし、旦那氏とも結婚するに至らなかったでしょう。

 

いろいろな経験や、家族・友人からのアドバイス本やブログ等で段々と私自身も、考え方が変わっていきました。

その志が高い彼とお別れしてから、1人でも大丈夫になりました。その時、恋愛は不要だと思えるようになりました。段々、好きな自分になっていくのがわかりました。

その時出会ったのが、旦那氏です。お互いに恋愛とか今はいいや…と思っていたのですが、タイミングが良かったのでしょうか??なぜか付き合うことになり、結婚もしてしまいました笑

その時お互いに思っていたのが、

事業を成功させたい・独立したい・面白いことをしたい

ということでした。

類は友を呼びました。自分の中で思っていただけだったのですが、引き寄せたようです。

 

例外もありますが、やはり人って、似た人が寄ってきます。

自分が今どういう状態なのか、よく一緒にいる人を考えてみたら分かることもありそうです。

理想の自分というのが誰しもあると思いますが、それに向けて行動していたら、自分とは全く異なる、スパイスを与えてくれる人が現れるかもしれません。

 

また、人の悪いところ(イライラしてしまうところ)を見つけた時は、気をつけた方が良いです。それが自分自身の悪いところだったりします。

なので、誰かにイライラしてしまったときは立ち止まって考えてみてくださいね。

人は、鏡です。

 

全て私の経験からですが、けっこう参考になりますよ~。

そして、この人素敵!と思う人の行動は、真似してみましょう~!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください