ピアスをイヤリングにリメイクしたよ

どうも、おりちむです。

前にも記事に書いたと思うのですが、私は金属アレルギーになってしまい、最近ピアスではなくイヤリングを着けるようになりました。

そしたらすっごく良いんです!!ピアスホールがぐちゃぐちゃならないし、清潔を保てるし、しかもイヤリングもかわいいデザインのものがけっこうある!ということに気づきました。

そこで、もう完全にピアスはやめてイヤリングだけにしようと思い、過去に買ったピアスは全捨てしようと思ったのです。

……が、やっぱり気に入って買ったものばかりだし、人からもらったものなんて捨てたくないし…ということで、ピアスからイヤリングにリメイクしよう!!と思い立ちました!!

ちょっとググってみると、リメイクに必要なものは

  • イヤリングの金具
  • ニッパー
  • ヤスリ
  • 接着剤

※この材料はキャッチピアス用。まるかんなどでつなげている揺れるタイプのピアスは、接着剤やニッパ―、ヤスリは必要ではありません。また、ペンチが必要になります。

手芸屋さんに行ったら確実に手に入るのだが、私はケチなもんで、まずはダイソーへ。笑

そしたら、全部ありました!!

 

  • イヤリングの金具

※色は3種類ありました。ゴールド、シルバー、アンティークゴールド。しかもまるかん付き!!

 

  • ニッパ―、ペンチ

 

  • ヤスリ

いや、ほんと、ダイソー様様!!まさか全てそろうとは。

 

ちなみに接着剤はこちら。ダイソーではなく、どこかスーパーで買ったものです。こいつが後でやらかしてくれます…

 

材料もそろったので、やってみよう~!!

 

キャッチピアス

①ピアスの耳に刺す棒の金具をニッパ―で切り落とす。(できれば最大限根元から切り落とす!)

 

②切り落とした後、ヤスリで根元部分を少し削る(平らになるように。くっつけ易くなります。)

 

③イヤリングの金具についている丸カンと飾り部分をつなげる丸い金具部分をニッパ―で切り落とし、なめらかになるようヤスリで少し削る

④飾り部分と金具を接着剤でくっつけたら出来上がり~!

 

揺れる系のピアス

①飾り部分をピアスの金具から外す。(多くの場合、丸カンで繋がれていると思うので、ペンチを使って丸カンを開いて外してくださいね。)

②イヤリングの金具に飾り部分を付けたら完成!(飾りの向きにもより、丸カンでつなげた方が良いもの、そのまま金具につけた方が良いものがあるので、そこを考えて付けてみてくださいね。)

※こちらは飾りをそのまま金具につけました。この金具の部分も、丸カンの様に開くことができました!

 

先日のリメイク品です~。こんな感じでけっこう上手く仕上がりました!でへへ。

 

注意!!!

実は今回使った接着剤、乾いたら白くなるタイプだったのです…私、その辺何も考えずに使ってしまいました…;;

 

なので、接着剤については乾いてから白くならないものを選んでくださいね!!

セメダインの金属・陶磁器・ガラス用のものが良いと聞きました。

 

もし私の様にドジってしまった場合…

私はマニキュアの除光液を使いました。アセトンという成分が接着剤を溶かして落としてくれたのでなんとか上手くいったようです。

…が!!全てのものに使えるわけではないようで、ものによっては飾りの色が剥げてしまったり変色してしまったりするようなので、まずは目立たないところで少し試してみてくださいね。

 

ちなみに私の場合は、パールの塗装が剥げて、ただの白い丸になりました笑

お気をつけてくださいね~。

 

ダイソーに売ってたイヤリングの金具、最近なぜか無くなっています…。もう製造中止になったのか、売れてるだけなのか??もう少し探してみようかな…。

 

金具については、近くの手芸屋さんにあるはずなので、100円ショップで見つからない場合はそちらでお願いします。

通販でも売っているようです。

私のおすすめは「貴和製作所」というところ。いろいろそろっているので、見るだけでも楽しいですよ~。

 

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください